飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

現在位置

飛島聖苑

飛島聖苑

写真:飛島聖苑

住所

郵便番号 490-1433
愛知県海部郡飛島村大字渚八丁目123番地

電話

保健福祉課 0567-52-1001
飛島聖苑 0567-52-4080

※ 利用に関するお問合せは、保健福祉課へお願いします。

利用申込

住民課で受付します。(電話での予約受付はできません。)ただし、動物については直接すこやかセンター内保健福祉課へお申し込みください。

利用手続

申請に必要なもの

  • 死亡届(死亡診断書添付)
  • 印鑑
  • 使用料

※ 犬の場合は、「犬の死亡届」鑑札及び注射済票と愛犬手帳をご持参ください。

休業日

  • 1月1日
  • 暦注に記載されている友引の日
  • その他村長が定める日

利用時間帯

区分 役場の受付時間 聖苑の受入時間
火葬場 〔遺体〕
前日の午後5時まで
午前10時から午後3時まで
〔汚産物・動物(犬・猫)〕
午後2時30分まで
(土日、祝祭日は除く)
午前10時から午後3時まで
霊安室 午後3時まで 終日(午後5時までに遺体を搬入)
葬祭場 葬儀で利用する場合 前日の午後5時まで 午前9時30分から午後4時まで
通夜で利用する場合 午後3時まで 終日(午後5時までに遺体を搬入)

※葬祭場の利用許可時間内に、後片付けを終えてください。(時間厳守)

聖苑を利用できる場合

「住民」区分に該当する場合

(1).次の要件のいずれかに当てはまる死亡者若しくはその者が出産した死児を火葬する場合

  • 村内に住所を有する者
    飛島村の住民登録者
  • 1年以上村内に居住している者
    飛島村に住民登録されていないが、実際に1年以上村内に居住している者であることが確認できる場合(区長・民生委員等の証明を提出)
  • 村内に住所を有する者の被扶養者
    飛島村の住民登録者の被扶養者で、村外に居住する学生、高齢者等が次の要件のいずれかに当てはまる場合(区長・民生委員等の証明を提出)
    • 大学、高等学校などの学生や生徒、一定の要件を備えた専修学校、各種学校の生徒又は職業訓練法人の行う認定職業訓練を受ける訓練生
    • 村外の高齢者福祉施設の入所者
    • 村外の医療施設等への長期入院者

(2).産汚物、死亡動物を焼却する場合は、利用者が本村に住所を有している場合

「住民外」区分に該当する場合(使用料は5倍)

(1).村内に住所を有しない死亡者の場合で、次の要件のいずれかに当てはまる場合

  • 喪主が、飛島村の住民登録者の場合
  • 死亡者の住民登録地が遠隔地で、やむをえないと判断できる場合
    (住民登録地の確認ができる証明書等を提示)

使用料

区分 単位 使用料の額(円)
住民 住民外
火葬場 12歳以上の者 1体につき 8,000 40,000
12歳未満の者 1体につき 6,000 30,000
死産児 1体につき 4,000 20,000
産汚物 1個につき 4,000 許可しない
死亡動物 1体につき 2,000
(6,000)
霊安室 24時間につき 4,300
葬祭場 葬儀で利用する場合 3時間につき 15,700
3時間を越える
1時間につき
5,200
通夜で利用する場合 24時間につき 62,900
24時間を越える
1時間につき
5,200

備考 未登録犬の場合は、()内の金額とする。

利用時間帯

火葬場

使用炉 火葬時間
火葬炉 (1)午前10時30分~午後0時30分
(2)午前11時30分~午後1時30分
(3)午後2時~午後4時
(4)午後3時~午後5時
動物炉 午後3時30分~

葬祭場

葬儀 午前の部 午前9時30分~午後0時30分(3時間) 火葬開始時間
(2)午前11時30分~
午後の部 午後1時~午後4時(3時間) 火葬開始時間
(3)午後3時~
通夜 午前9時~葬儀開始終日(午後5時までに遺体を搬入)

※葬祭場の利用許可時間内に、後片づけを終えてください。(時間厳守)
※準備の為に許可の30分前より搬入できます。

火葬できる棺の大きさ

区分 高さ 長さ
遺体 45cm以内 57cm以内 195cm以内
産汚物・動物 40cm以内 53cm以内 182cm以内

飛島聖苑利用時の注意事項

  • 飛島聖苑は、通夜から収骨までの利用のための施設ですので、収骨後の法要等は行えません。
  • 葬祭場を利用される方は、祭壇等は備えてありませんので、準備していただく必要があります。また、生花・果物等は祭壇に飾るものを除き、設置場所に限りがありますので、係員の指示に従ってください。
  • 持ち込んだ物は、必ず持ちかえってください。(冷蔵庫内の食品や食事の残り・パック等)
    必要なごみ袋等は、利用者で準備し、ごみ等は必ず各自で持ち帰ってください。